薄毛の治療はクリニックに相談|カルテが引き継げるので安心

男の人

薄毛の原因と解消法

考える男性

壮年性脱毛症の改善法

壮年性脱毛症とは20代や30代から進む薄毛であり、続に言う「若ハゲ」と言われる状態です。若ハゲの原因として多いのが遺伝的要素であり、母方の祖父がハゲている場合影響を受け易いと言われていますが、あくまでも確率的な問題であり必ずしもはハゲるとは限りません。ただし、すでに若ハゲが進行しているようであれば、遺伝的要素が高いでしょう。若ハゲを解消することは非常に難しいですが、絶対に無理という訳ではありません。方法として2通りあり、一つはAGA治療を受けること、もう一つがセルフケアによる育毛で、育毛関連アイテムを使用して自身で育毛に取り組む方法です。AGA治療はエビデンスに基づく治療で育毛ケアの場合エビデンスがハッキリしないという異なる点がありますが、少数でありながら効果を得ている人もおられます。

互いの方法のメリット

若ハゲに悩む人がAGA治療、或いは、育毛セルフケアのどちらを選択するか迷う人がいますが、どちらの方が自分にあっているのかという視点に立って選ぶのが良いでしょう。AGA治療を医療機関で受ける場合、医師の診察を受けた上で的確な治療薬が処方されます。エビデンスが確立された治療を実施していくので、発毛効果が高いと言われています。治療薬によっては副作用もありますが、すぐに医師に相談すれば問題なく、副作用を解消出来ます。一方で、セルフ育毛ケアは副作用が無く育毛効果が期待できるというものです。ただし、医療機関で処方される薬ほど劇的な効果はないため、生活習慣の改善や基礎代謝の向上と共に行うことが発毛効果を上げると言われています。育毛シャンプーや育毛剤などが、セルフ育毛ケアに良く用いられます。本格的な治療を受けるのか、気軽なケアからスタートするか、自分の生活に取り入れやすい方法を選択して下さい。